児童発達支援 放課後等デイサービス ぷれじ~る

お問い合わせは 080-8294-2428
〒002-8026 札幌市篠路6条5丁目1-1

個別・集団療育が可能な札幌の【ぷれじーる】~お子様・保護者にとって大切な早期療育~

 

お子様一人ひとりに寄り添った療育が可能な札幌の【ぷれじーる】!~個別・集団療育に対応~

お子様一人ひとりに寄り添った療育が可能な札幌の【ぷれじーる】!~個別・集団療育に対応~

児童発達支援・放課後等デイサービスを提供する札幌の【ぷれじーる】は、自己肯定感を高めるために、お子様一人ひとりに寄り添った関わりを行っているのが特徴です。

感覚遊びや指先運動といった個別の療育だけでなく、友だちとの関わりやコミュニケーション能力の向上が期待できる集団での療育も行っております。育児に関するご相談にも対応いたしますので、札幌周辺の方はぜひお問い合わせください。

障がいによる生活の困難さを減らすために!早期療育の大切さとは

障がいによる生活の困難さを減らすために!早期療育の大切さとは

療育は早期に始めることが大切です。生まれつき脳機能の発達に偏りがあることにより、発達障がいが生じると言われています。しかし、お子様に合った適切な療育を受けることで、生活に必要な能力やコミュニケーション能力などを伸ばすことができると考えられています。

適切な療育を受けていない期間が長ければ、お子様が生活に困難を感じる期間も長くなります。すると、自信が育まれずストレスも蓄積され、うつ病などの二次障がいへ繋がるおそれもあります。そうならないためにも、早期治療は重要です。

また、早期療育はお子様だけでなく保護者の方にもメリットがあります。お子様が療育を受ける施設には発達障がいについてよく知る職員がいます。そのため、保護者の方が、お子様の障がいへの理解を深められ、関わり方のアドバイスも得られます。

適切な接し方を知ることで、子育てに関するストレスも軽減され、双方にとってより良い状態を築くことができます。療育には、児童発達支援や放課後等デイサービスのように公費によって補助が受けられる療育や、医師の判断により医療機関で行われる療育、私費で受ける療育があります。

私費で受ける療育以外は、自治体から発行される受給者証が必要となります。ですので、発達障がいが気になるお子様をお育ての保護者の方は、診断が可能な医療機関を受診することや、地域の相談窓口をご利用されてみてはいかがでしょうか。診断を受けた後はお子様に合った適切な療育をご選択ください。

札幌の【ぷれじーる】は、児童発達支援と放課後等デイサービスを行っております。保護者の方とともに、お子様の成長を促せるように努めます。

発達支援に関する豆知識

札幌で療育のことなら【ぷれじーる】に相談

会社名 株式会社 みもざ
設 立 平成30年
住所 〒002-8026 北海道札幌市北区篠路6条5丁目1−1
連絡先 TEL 080-8294-2428
MAIL plaisir@mimo-za.com
提携病院 篠路こどもクリニック
URL http://mimo-za.com/
 
Information
児童発達支援
放課後等デイサービス
ぷれじーる
〒002-8026
住所:札幌市篠路6条5丁目1-1
TEL:080ー8294ー2428
FAX:011-776-7352
Mail:plaisir@mimo-za.com
交通案内
『JR篠路駅から徒歩10分』
送迎いたします。