札幌の児童発達支援 放課後等デイサービス ぷれじ~る
お問い合わせは 080-8294-2428
〒002-8026 札幌市篠路6条5丁目1-1

札幌の児童発達支援事業所【ぷれじーる】
お友達との関わりを大切にした個別支援をご提供

児童発達支援は集団療育・個別支援に対応する札幌の【ぷれじーる】~発達障がいを持つお子様と接するときのポイント~

 

児童発達支援を札幌でご利用したい方は、集団療育・個別支援に対応する【ぷれじーる】へ

児童発達支援を札幌でご利用したい方は、集団療育・個別支援に対応する【ぷれじーる】へ

札幌で児童発達支援のご利用をお考えの方は、【ぷれじーる】へのお問い合わせをご検討ください。【ぷれじーる】は、札幌市篠路で児童発達支援や放課後等デイサービス、学習支援のサービスを行っております。

療育では、個別のプログラムを行う個別支援と、他のお子様たちと一緒に行う集団療育の両方に対応しております。お子様の成長に寄り添った支援を提供させていただくのはもちろん、様々な能力を引き出せるようにしっかりとサポートいたします。

平日の個別支援は、午前の部と午後の部で1回ずつ、土曜日・長期休みの個別支援は、午前の部に2回行っています。土曜日・長期休みの個別支援では、コミュニケーション能力向上を目的としたプログラムも組んでおりますので、お友達との関わりが苦手な子も安心して通っていただけます。詳しい療育内容については、ぷれじーるの一日をご覧ください。

教員免許を取得しているスタッフが在籍しておりますので、小学校以降の学習に関するご相談も承っております。

人から認められる経験を!発達障がいのお子様と接するときのポイント

人から認められる経験を!発達障がいのお子様と接するときのポイント

発達障がいのお子様には、こだわりの強さや興味・集中力の偏りなど、一人ひとり特有の性質がみられます。また、身体の使い方が不器用であったり感覚が過敏であったりするため、接するときにはいくつかの約束事を守ると良いかもしれません。まず、環境づくりから取り組んでいくことをおすすめいたします。

例えば、じっとしていられず、人の話を落ち着いて聞くことが難しいお子様の場合には、なぜそのようなことが起こってしまうのかを考えていきます。じっとしていられないという性質があるかもしれませんが、その性質を助長する何かがお子様を取り巻くまわりにあるのかもしれません。

周囲におもちゃが散らばっていたり、壁にたくさんの掲示物があったりすることも刺激となります。だからこそ、お子様が落ち着ける環境を準備する必要があります。そして、ものごとを伝える際には、伝わりやすくなるように環境や場面などを工夫することを心掛けるとよいかもしれません。

言葉のみで伝えることよりもジェスチャーを交えたり、イラストや写真を使ったりすると理解しやすい場合もあります。また、ちょっとしたことでもお子様が何かをやり遂げたときには、しっかりと褒めることが大切です。できないことばかりに注目し、叱ってばかりいると、お子様の自己肯定感は高まりません。

人から認められるという経験をお子様にたくさんしていただきましょう。札幌の【ぷれじーる】では、お子様一人ひとりの自己肯定感を高め、やる気と自信を身につけられるよう心掛けながら、児童発達支援に取り組んでおります。発達障がいのお子様の育児でお悩みなら、まずは【ぷれじーる】にご相談ください。

発達支援に関する豆知識

札幌で児童発達支援をお探しの方は【ぷれじーる】へ

会社名 株式会社 みもざ
設 立 平成30年
住所 〒002-8026 北海道札幌市北区篠路6条5丁目1−1
連絡先 TEL 080-8294-2428
MAIL plaisir@mimo-za.com
提携病院 篠路こどもクリニック
URL http://mimo-za.com/
 
Information
児童発達支援
放課後等デイサービス
ぷれじーる
〒002-8026
住所:札幌市篠路6条5丁目1-1
TEL:080ー8294ー2428
FAX:011-776-7352
Mail:plaisir@mimo-za.com
交通案内
『JR篠路駅から徒歩10分』
送迎いたします。