リーダー探しをしました。

今日の午後の集団活動では「リーダー探し」をしました。

天気も悪く、外の公園に行くことが出来ないので室内遊びをしています。

リーダー探しは今までにも何回もやっているので子ども達がルール説明をしました。

普段はリーダーをしない子も今日はリーダー役をやってみましたよ。

すぐに鬼にバレてしまいましたが、子供たちはとても楽しそうに活動に参加していました。

ボールコールをしました。

今日の午後の集団活動では「ボールコール」という遊びをしました。

ボールコールとは大人数でやると盛り上がる遊びです。

全員で輪になり、リーダーは一人ずつ番号を言っていき、同じ番号の人が3~5人いる状態にします。

輪の真ん中にボールを置き、リーダー役の人は「1番!」という風に番号を言ったら、その番号の子達は素早くボールを取りに行きます。

何回かくり返して一番多くボールが取れた子が優勝という風に遊びます。

アレンジとして、ゲーム中に新しい番号を割り当てて、1番目の番号と2番目に割り当てた番号をランダムで出したり、足し算や引き算で答えの番号の人がボールを取るというやり方もあります。

計算を間違ってボールを取りに行ったり、最初の番号を忘れてたりと、ミスもありましたが皆さんとても楽しそうに活動に参加されていました。

ろくむしをしました。

今日の午後の集団活動では「ろくむし」をしました。

いつもは室内でやっていましたが、今日は天気も良かったので近くの公園に行きました。

ボールをぶつけられた子は、エリアの外でボールが来たら鬼に渡すという役を追加しています。

公園だと広いので、とても楽しそうに走ってボールから逃げていました。

 

白菜はがしをしました。

今日の午後の集団活動では「白菜はがし」という遊びをしました。

この遊びは大人数でやると楽しめると思います。

ルールは2チームに分かれて、1チームが6人以上になるように分けます。

白菜チームとはがすチームに分かれて、白菜チームは一人芯になる子を決めます。

芯になる子に他の白菜チームの子が周りを固めて芯役の子を守ります。

はがすチームの子達は、いかに早く芯にたどり着けるかを競うタイム制です。

お互いのチームで守り方やはがし方を色々と相談していました。

1回ずつしか遊べなかったので、上手に出来ない事もありましたが、初めての遊びに皆さん大変楽しんで活動に参加されていました。

リレーをしました。

今日の午後の集団では近くの公園に行き、鬼ごっことリレーをしました。

鬼ごっこでは増やし鬼をしています。

鬼ごっこが終わった後で、子供達と大人の混合チームを作りリレーをしました。

それぞれのチームで作戦をたてて挑みます。

相手のチームに負けじと皆さん一生懸命走っていました。

鬼ごっこもリレーも一生懸命に走り回り、活動を楽しんでいました。

こおり鬼をしました。

今日は午前中に未就学の子と就学の子と一緒に公園に行きこおり鬼をしました。

ルールとしては2回は捕まってもOKで、3回目は鬼になります。

未就学の子は何回捕まっても鬼にはなりません。

未就学の子が氷になってる人たちを助けてくれたりと大活躍をしていました。

自由時間ではワードバスケットをしました。

初めての子でも簡単なルールなのですぐに楽しめることが出来ていました。

上篠路公園に行きました。

今日は午後から上篠路公園に行きました。

ここの公園にはとても大きな遊具があり、遊具鬼ごっこをしたり、グラウンドがあるのでボール遊びも可能な公園です。

今回は、遊具から降りちゃダメなルールの糸鬼をしたり、こおり鬼をしたりして楽しみました。

巨大な遊具なので中々捕まらないと思いましたが、意外と行き止まりがあり簡単に捕まえることが出来ていました。

その他にも遊具レースをしたりして午後の活動を楽しんでいました。

増やし鬼をしました。

今日の午後の集団活動では近くの公園に行き「増やし鬼」をしました。

今回のルールでは、鬼役は2人で公園全体を使え、高いところも可というルールです。

足もどんどん速くなり、日頃走る練習をしている成果が表れてきたのかと思います。

皆さん鬼ごっこを楽しんでいました。

園に帰ってからは熱中症対策として水分補給を行っています。

 

公園でかたきをしました。

今日の午後の集団活動では近くの公園に行き、カタキをしました。

新しい子達も含めての初めてのカタキでしたので、最初は戸惑っていましたが、ボールを持ってる子から逃げまわっているうちに徐々に溶け込んできてました。

久々のボール遊びだったので、子供達も元気に走り回って、楽しんで活動に参加されていました。

新しいカードゲームを追加しました。

「ナンジャモンジャ」と言うカードゲームを入手しました。

このカードゲームは、カードに書かれてるキャラクターに名前を付けていき、名前を付けたカードが出たら、その名前を最初に行った人が獲得できるというとてもシンプルな遊びです。

詳しい説明は公式サイトに掲載されています。

このゲームでは、人の名前と顔を覚えるという瞬間記憶力が重要です。

他人に覚えられないように長い名前を付けると、名付けた自分も忘れてしまうという事もあったり、何回も遊んでいるうちに前回までの名前と混同したりと、シンプルなのに意外と奥が深く、小さな子供から大人まで分け隔てなく楽しめそうなので、今後の集団活動で楽しめそうです。